文字のサイズ

名号のぼり【みょうごうのぼり】

名号のぼり【みょうごうのぼり】

極楽浄土を表す聖地・東山浄苑東本願寺を、御先祖の法名を記した「のぼり」で荘厳しましょう

 春秋両彼岸会にあわせ、「南無阿弥陀佛」の御名号を記した「のぼり」に御先祖の法名(または戒名か俗名)をお入れし、彼岸会期間中、東山浄苑東本願寺内に荘厳致します。
 極楽浄土では、諸佛が阿弥陀如来を讃歎されています。今を生きる我々も御先祖をお偲びし、阿弥陀如来のお救いに感謝の御念佛を申し上げましょう。






● 「名号のぼり(僧)」1旗 冥加金5,000円(白色)
 彼岸会法要の入りから結願までの1週間、苑内に荘厳します。

● 「名号のぼり(法)」1旗 冥加金10,000円(赤色)
 本堂にて荘厳し、「名号のぼり荘厳会」を厳修致します。その後、結願までの1週間、苑内に荘厳します。

● 「名号のぼり(佛)」1旗 冥加金20,000円(紫色)
 本堂にて荘厳し、法名読み上げの上「名号のぼり荘厳会」を厳修致します。その後、結願までの1週間、苑内に荘厳します。

お問い合せ先:東山浄苑東本願寺 尚書(総合受付)

東山浄苑 電話番号

ページの先頭へ