文字のサイズ

稚児行列・子ども法要・マーヤ夫人

平成31年度花まつりの稚児・子ども法要・第8代マーヤ夫人の受付を終了しました。


稚児行列

 花まつり当日にお子さま方は、稚児衣装を着て東山浄苑内をねり歩きます。お釈迦さまがお誕生になられる前にお釈迦さまの母上、マーヤ夫人の夢で夫人のお体の中へ白い象が入っていったという故事より白い象と共に行進します。白象の背にはお釈迦さまの誕生佛を据えた「花御堂」があります。花御堂は、お釈迦さまのご誕生の地であるルンビニーの花園をあらわしています。お誕生にあたっては二匹の竜が天空より甘露の雨を降らして祝福したことから灌佛会(灌佛=佛さまの頭頂に水を注ぐこと)とも言われています。これに習い花まつりでは甘露の雨をあらわした甘茶を誕生佛に注ぎ、その後甘茶をいただきます。
 行列のあとは記念撮影をしたり、近隣の大学吹奏楽部による慶賛コンサートやダンス等のパフォーマンス、屋台村の出店など様々な企画を計画し、お待ちしております。お釈迦さまのご誕生をお子さまの成長と共に喜ぶ花まつりに是非ともご参加下さい。

子ども法要

 花まつり当日にお子さま方が、法衣(僧侶の姿)を着て、本堂の仏さまの前でお経をお勤めします。参加のお友達と一緒にお釈迦様のご誕生をお祝いしましょう。お勤めは東山浄苑の僧侶が優しく教えてくれるので、ご安心ください。お家でも練習できるように、経本や練習用CDも用意しています。お気軽にお問い合わせ、ご参加下さい。

マーヤ夫人

 マーヤ夫人はお釈迦様の母上です。ある日、白象が胎内に入る夢を見てお釈迦様を懐妊したとされており、その出産の様も、郷里に帰る途中に立ち寄ったルンビニーの園で花を手折ろうと手を伸ばしたところ、右脇からお釈迦様が誕生されたと伝えられています。
 東山浄苑の花まつりでは毎年マーヤ夫人を募集しています。夫人の衣装を身にまとい、お子さま方と一緒に稚児行列へ参加、花御堂に誕生仏をお迎えする役割を担ってもらいます。



お問い合せ先:東山浄苑東本願寺 花まつり係

ページの先頭へ